BLOG ブログ

窓まわりの劣化

本日の朝は雨でしたね。

雨の日は防水作業が出来ないだけではなく、現場から事務所への電話が鳴る場合が高まります。

主な電話の内容としては、建物内で漏水しているといった内容です。 本日は、床が濡れているといった内容の電話でした。

現場にて確認すると、外の窓まわりのシールの劣化により、隙間があり、そこから漏水しているようでした。

シールとは、窓等と外壁の間にゴム状の防水性を持たせたもので、防水の他にも地震で建物が動いた際にも建物が振動に対応し、建物に亀裂が発生することを防ぐ役割もあります。

シールは特に劣化しやすい箇所でもありますので、こまめに状態をチェックすることをおすすめします。