BLOG ブログ

外壁の劣化

今日は外壁の劣化について書いていきます。

皆様のお住まいの外壁を触ってみてください。

もしこの画像のように、指に外壁の劣化した塗料が付いているようなら外壁塗装をするべきタイミングと言えます。

この現象はチョーキングとよばれていて、劣化した表面の塗膜の顔料が浮いている状態です。

外壁は常に紫外線や風雨に晒されているため、劣化もそれなりのスピードで進んでいきます。

この状態で放置をしていきますと、クラックや藻の発生につながっていき、さらなる劣化につながっていってしまいますので、なるべく早めに外壁塗装工事を依頼した方がよいと思います。