BLOG ブログ

漏水侵入経路

今日は表題の通り、漏水の入り口について少しお話します。

画像は駐輪場のコンクリート床(クラック多数)になります。

この建物はこの画像の下に構造物があるわけではないのでいくら水が入っていっても問題ないのですが、これがもし下に構造物があるということであれば間違いなく漏水しているであろうレベルです。

ここまではっきりクラックがあると漏水の入り口はわかりやすいのですが、建物によっては微細なクラックや目視確認しづらい箇所から漏水しているケースがあり、その場合は漏水の入り口を突き止めるのに困難を極めます。

ですので、上記のケースですと防水業者としては外壁全体の防水工事を提案させて頂くパターンが多いかと思います。

金額も部分的に防水する場合と比べて高くなってしまいますが、より確実に漏水を止め、建物の資産価値を守るといった面を重視されるのであれば全体の防水工事を行った方が良いかと思います。