BLOG ブログ

部材間の隙間埋め

今日は建築部材間の隙間埋めについて少しお話します。

通常この画像のような隙間を埋めるのに使用する材料は、シーリング材を使用します。

シーリング材とは、ゴムのような防水層です。

適切な材質の上に適切なシーリング材を選ぶことで、安価に防水性能が得られるので、プロアマ問わず使用されています。

シーリング材も定期的に打ち替える必要がありますので、前に施工したからずっと大丈夫というわけではありませんのでご注意下さい。