BLOG ブログ

古くなったら交換しましょう。

今日はコーキングのお話です。

なんでも同じかと思うのですが、古くなって寿命が来たものは交換すると思いますが、それは建築部材でも同じと言えます。

例えば画像にある外壁目地部分のコーキングです。

こちらは築年数と共にだいぶ劣化しており、まさに寿命を全うし交換時期と言えます。

改修工事で新しくコーキングを打つために、古いものはとらなければいけません。

特に外壁目地のコーキングは劣化が目立つ部分ですので、定期的な交換をすることで漏水等の問題は発生しにくくなること思います。